アウトドア好きなら”ウェアの洗濯”も自分でしたいですね! そんなに難しくない”洗濯の仕方”とはどうすればいいのでしょうか? アウトドアウェア選びは洗濯表示がキーワードになる。 難しそうなイメージですが、実は最初の”ウェア選ぶ”で決まるのが”洗濯表示”ですね。 これは、男性には馴染みが薄いかも知れません…。 お気に入りのウェアに限らず、衣類には必ず”洗濯表示”はあります。 もし知らない方でも、洗濯機のマークや手洗いマークが有名だと思います。 この表示を基準に…アウトドアウェアを買う! そうすれば、後々の管理が自分でお手軽に出来るんですね!
稀にですが、ウェアの洗濯表示を見ると…洗濯不可な物が存在します?。
更には、クリーニングもNG! れるが前提のアウトドアウェアには、致命的な弱点になります。
いくらカッコいいウェアでも、洗濯表示の制限があり過ぎると注意が必要だと言えますね!
高額で買ったウェアが…洗えないなんてテンションは急降下ですから…。 日本の商品規格は、世界レベルで見ても厳しい基準だと思います。 国内アウトドアウェアメーカーは、品質・価格を素晴らしいバリエーションで楽しませてくれていますね。 そんな選択幅が広い”ウェア”なので…洗濯も頭に入れたアイテムをチョイスしたみて下さい。 表面だけでなく、裏側を見るのも楽しいですよ! 中には、グローバル展開する”多国籍洗濯表示”がマニアックで面白ネタにもなるかもですね?